大阪で脱毛したい女性のためのサイト

永久脱毛の定義!医療脱毛とサロンの違いにも繋がる重要ポイント

永久脱毛という言葉がありますが、
これが都合よく解釈されているような気がしてなりません、最近・・・。

そのままの意味で素直に受け取ると永久的な脱毛で一生毛が生えない!
と感じますが、実はそういうわけでは無いんですね。

この言葉の定義としては、
長い期間、高い確率で減毛が期待、キープできそうな脱毛方法、というニュアンスです。

決して毛が無くなるとか、無期限で生えないとか、
そんなことを約束している言葉ではないことを頭に入れておきましょう。

さらに米国電気脱毛協会というアメリカの脱毛で権威のある団体があるのですが、
そこでは「最後の施術から1か月以内の再生率が20%以下であること」を永久脱毛の定義にしています。
米国電気脱毛協会(AEA)HP

どうでしょうか・・・
正直、どこまで行っても結局は曖昧な定義をされている言葉なんですね。

そして脱毛サロンでは「永久脱毛」なんて謳っては絶対にいけないことになっています。
これを言ってしまったら法律違反ですからね。

サロンのHPでは脱毛という言葉が使われていますが、
これは便宜上そうしてる、と思ったほうが正しいかと思います。
正確に言うなら減毛くらいなものです。

そもそも「脱毛」は医療行為である!

脱毛にしても永久脱毛にしてもそうなんですが、
この言葉は医療クリニック、病院でしか表現として使えません。

なぜならは脱毛=医療行為であると、法律で定められているからです。
その法律というのは医師法の17条です。

参考文献:医師免許を有しない者による脱毛行為等の取扱いについて
(厚労省医政局より)

この中で「脱毛行為等に対する医師法の適用」という項目がありますよね。
レーザーでも光でも、何かを破壊するなら医療行為になります。

サロンは違法ではない??

サロンも違法という解釈もできるかもしれませんが、
もしそうならもっと取締りがされているでしょうし、
これだけ脱毛サロンが増え、宣伝もされている現実とあまりにもギャップがありすぎます。

恐らくですが、皮膚組織の破壊行為とならないような光を使っているから医療行為にも当たらず、
あくまでも法律上の脱毛ではなく、もっと弱い減毛レベルの効果を期待するもの、
くらいの主張をしているのがサロンだと思われます。

で、実際に立件されるのはレーザー脱毛を医師免許がないスタッフがやっているような場合ですよね。
こんなこと、大手サロンではまずありませんが、
個人経営のエステサロン等で数年に1度くらい見るかみないか、という感じです。

考えると考えるほどややこしくなりそうですが、
そもそも脱毛サロン=脱毛ではない=つまり違法ではない、という理論ではないかと思われます。

まぁ消費者の立場からしたらそこってわからないし、
安全に効果が出ればいいよ!って認識ではあると思います。

当然、サロン=法律違反ではないと当サイト管理者も考えますが、
永久脱毛の件からこういった法律面とサロンの関係まである程度理解した上で
クリニックなりサロンなりを利用していきたいものですね。

脱毛サロンだと効果が感じにくい女性もいるのが現状

先ほども書きましたが、脱毛=破壊行為となる医療の世界のお話になってきます。
その点、脱毛サロンでは破壊行為には当たらない光を使用している、というスタンスですので、
やっぱりその点では効果に違いが出てくるのは当たり前です。

※効果が弱めというのはデメリットになりますが、
刺激が少ない、痛みも感じにくいというのはメリットになりますが。

で、あまりにもサロンに脱毛効果を期待しすぎても良くないと思いますので、
以下にサロンでは毛が薄くなるなどの効果が出なかったという方の声も紹介をしておきますね。

ミュゼのワキ脱毛は12回やってもまだダメ、最低18回は必要か
脱毛サロンのお試しでは効果は感じられない、が当然。エピレVIO脱毛より
数回で効果はあったが産毛はダメだった銀座カラーのワキ脱毛
3年通ってやっと毛量が半分、ミュゼプラチナムでの脱毛効果について
2年通っても痛いだけ、効果出ず。ルソニアでのVIラインの脱毛が残念

当サイトはクリニックはサロンと言った施設を紹介するスタンスですが、
こういったマイナスの情報でも実情に沿ったものであれば公開すべき、と考えます。

このような材料も読み、クリニックとサロンの違いも十分に認識した上で
どっちの選択をするのか、ということが一番大事ではないでしょうか。

脱毛に関しての広告規制の問題も

これは知らない方も多いと思いますが、
医療機関では広告規制があり、サロンにはそれが無い(緩い)んですね。

となると当然ですがサロン側はいろんな表現で告知を行いますので、
それが行き過ぎて脱毛、永久脱毛という誤認を招いているという背景も少なからずあります。

だって、例えばお客様の声で「ツルツルです!」なんて掲載があり、
その下に小さい※で注意書きがあっても気が付きにくいですよね。
こういうことの繰り返しが脱毛の間違った定義の拡散につながっている可能性がけっこう高いです。

ちなみに医療機関での広告はこのようにガイドラインが設けられておりますが、
段々と規制の範囲が緩まってクリニック側の自由度も上がっているようではあります。
そのため広告と取れるような文言や表現も最近は多くみられるようになっています。
※参照:医療法における病院等の広告規制について |厚生労働省

arrow_blue永久脱毛を大阪で.com トップページへ

最近の投稿
メディオスターをお探しの方はこちら

永久脱毛の定義を知ろう!
永久脱毛の定義ページへの画像
【読み物特集】脱毛コンプレックス経験談
complex